<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

牛丼店にスパイダーマンのマスク強盗 3万円奪い逃走 水戸(産経新聞)

 28日午前2時25分ごろ、水戸市谷田町の牛丼店「すき家水戸東店」に2人組の男が押し入り、アルバイト店員の男性(38)にナイフを突きつけ、「金を出せ」と脅した。男らは店員が出したレジの売上金約3万円を奪って逃走。店内にほかに客はおらず、店員にけがはなかった。

 茨城県警水戸署の調べによると、2人組のうち1人はスパイダーマンのマスクで顔を隠し、黒っぽいジャンパー、白っぽいズボンを着用。身長約175センチでやせ形。もう1人は身長約170センチで、緑色のパーカー、黒っぽいズボンを着用、白いタオルで顔を隠していた。強盗事件として男らの行方を追っている。

【関連記事】
あのピンクコンパニオン宴会で有名なホテルが家宅捜索
あなたの会社は大丈夫?エン・ジャパン就活情報漏洩のナゼ
千葉放火殺人・父娘 長女のタバコで自宅全焼、経済的に困窮!?
日本製は極めて高価…窃盗団が暗躍する中国“紙おむつ”事情
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃

タクシーが炎上、中から遺体見つかる/藤沢(カナロコ)
不同意堕胎 勤務先から点滴薬を不正入手(産経新聞)
<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委(産経新聞)
福島・飯舘 善意の絵本、村に続々 10日間で1万冊突破(毎日新聞)
[PR]
by uab0pvy2x5 | 2010-05-29 23:15

強い自治体の陰に…脳損傷者家族を襲う「介護者亡き後」の不安(産経新聞)

 【橋下府政ウオッチ】大阪府庁担当になって半年。橋下徹知事の派手な打ち上げ花火に目を奪われて、地味でも懸命に暮らす人々の営みに目を向けていたのか、と反省させられる機会があった。

 先日、NPO法人「大阪脳損傷者サポートセンター」(大阪市)を取材したときのこと。病気や事故で脳を損傷し、長期間昏睡状態にある遷延(せんえん)性意識障害や、記憶や言語などに障害が生じた高次脳機能障害の人たちの家族らを対象に「介護者亡き後」を問うた調査結果に衝撃を受けた。

 現在、主に介護している人が死亡した際などに代わりがいる人はわずか2割弱。アンケートの自由記述欄には「親も高齢化し体調不良。親子心中の思いがよぎる」「看取ってから逝きたい」「苦しくてたまらない」「どうか助けてほしい」といった悲鳴にも似た心の叫びがつづられ、限界の中で介護生活を送っている様子が伝わってきた。

 NPO法人理事長の岩城満代さん(67)も、交通事故で高次脳機能障害になった息子(41)の介護を続けて20年。半年前に偶然の縁で息子を受け入れてくれるグループホームが見つかったが、それまでは「私がいなくなったら息子はどうなるのか」と迷路にはまりこんだように悩んだ。特に、自分の体力の衰えを感じ始めてからは、不安の日々だったという。

 「親亡き後」の問題にめどが立ったとはいえ、それは「宝くじにあたったような幸運」(岩城さん)。同じ境遇にある人たちの大半が、少し前の岩城さんのように悩み続けている。

 宝くじのような確率でしか、悲鳴をあげる人々を救えない社会とは、なんと脆弱(ぜいじゃく)なのか。「強い自治体」(橋下知事)という勇ましいかけ声の陰にある現実に目を向けていきたい。(伐栗恵子)

【関連記事】
看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査
家計に重い「16.5万円」 消費増税 民主が公約化検討
知的障害者の預金着服 新潟市職員を懲戒免職
介護タクシー違法営業の男逮捕 「ローン返済するため」
介護疲れの夫、妻の首絞めた後に除草剤飲む
少子化を止めろ!

<公務員法改正案>衆院を通過…野党5党、ようやく連携模索(毎日新聞)
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分−不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕 (産経新聞)
転倒の民主・三宅氏、「自作自演説」を改めて否定(産経新聞)
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走―長崎県警(時事通信)
[PR]
by uab0pvy2x5 | 2010-05-21 22:11

「涼宮ハルヒ」の舞台モデル ファン巡礼 高校憂鬱(産経新聞)

 ■無断侵入、巨大落書き 警察も出動

 若者に人気のSF系学園小説「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」の舞台モデルとなった兵庫県西宮市の県立西宮北高校が、一部のファンのマナー違反にさらされている。「聖地巡礼」として訪れたファンが無断で敷地内に侵入し、グラウンドに白線で巨大文字を落書きしたり、校舎内に入ろうとしたりして警察が出動する騒動にも発展。同校もホームページ(HP)に警告文を掲載。「生徒に直接被害が出ないか心配」としている。 平成18年4月にテレビ放映が始まって以降、ファンの聖地巡礼が加速。実在の建物や風景がアニメ中に登場するため、インターネット上で話題になり、ゆかりの場所を巡るファンが急増している。

 特に原作者、谷川流(ながる)さんの出身校で、作品中で「北高」として登場する西宮北高校は、週末になると大勢のファンが集まり、通用門の前でポーズを取り、写真を撮る姿が目立つようになった。その一方でエスカレートするファンもいる。勝手に敷地内に入り校舎に侵入しようとしたり、校内の写真を無断で撮ったりするケースもあり、教諭が注意することも度々という。

 昨年春と秋にはグラウンド中央に白のラインマーカーで大きく「SOS」「ハルヒ命」と落書きされ、警察が駆けつける騒ぎになった。また4月にも2回、アジア系の若い男数人が勝手に校内に入り込んでいたこともあった。

 事態を重く見た高校側はHPに「敷地外から写真を撮られたりするのはいっこうにかまいませんが、無断で敷地内に入ることは、犯罪になります。今後このようなことがあれば、警察への通報等、厳しい対応を考えています」との警告文を掲載した。

 田口文夫教頭(58)は、「学校に関心も持ってもらうのは喜ばしいが、それもルールがあってこそ。ファンなら協力してほしい」と話している。

                   ◇

【用語解説】涼宮ハルヒの憂鬱

 西宮市出身の男性作家、谷川流さん(39)の作品。女子高校生の涼宮ハルヒが宇宙人や未来人らを探し出して一緒に遊ぶことを目的としたグループを結成し、大騒ぎを引き起こすストーリー。シリーズ9作で約600万部を売り上げる大ヒットとなり、アニメ化されテレビでも放送された。作品中には西宮北高校だけでなく西宮市内外の駅や商店街、住宅街なども舞台として登場する。

<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
半導体メーカー 上場時に粉飾疑い 証取委が強制調査(産経新聞)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
許可区域外で介護タクシー業=容疑の70歳男逮捕−警視庁(時事通信)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
[PR]
by uab0pvy2x5 | 2010-05-13 15:57